• ホーム
  • アフィリエイトを始めるときに知っておきたい禁止事項

アフィリエイトを始めるときに知っておきたい禁止事項

パソコンを見ている男性

アフィリエイトには様々な方法がありますが、中にはバッドテクニックとされている方法や、マナー違反のことも少なくありません。
ここでは、アフィリエイトを始めるときに必ずわきまえておきたいマナーをお教えしましょう。

まず、アフィリエイトの方法のひとつに「リスティング」というのがあります。
これは検索サイト上で検索結果を見ると、検索結果より上に出る広告つきの検索結果のことです。
基本的に検索キーワードに関連した内容が出てきますので、基本的に検索結果の一種と考えてもいいでしょう。

実はこのリスティングをアフィリエイトのために行う人がいますが、広告主によってはこれは禁止されています。
広告主がそもそもリスティングをしていることもあり、ライバルになる人をできるだけ減らしたいのでリスティング広告は基本的に禁止というところが多いのです。
もしアフィリエイトをやるときにリスティング禁止となっているのであれば、リスティング広告に出向するのは禁止です。

次に、記事の内容や表現に気をつけましょう、ということです。
これは記事の内容が明らかな過大広告だったり、公序良俗に反するような内容の情報であれば、広告主から禁止されることが多いでしょう。
より良いように見せるために過剰な表現になりやすい傾向がありますから、特に注意したいところです。

同時に、アフィリエイトの中でも化粧品や健康食品、薬品に関することについては、薬事法で禁止されている表現というのがあります。
薬事法とは薬の表現や情報についての法律で、この薬事法では薬などについてのさまざまな表現が禁止されています。
実はこの薬事法違反は健康系の商材を多く扱うアフィリエイターほどリスクが高いとされています。

薬事法違反は法律で禁止されていますし、消費者庁などから指導が入る場合があります。
このため、基本的に薬事法に触れそうな健康食品や薬剤についてはさけたほうがいいという意見もあるようです。

当然ですが、こういったことはマナー違反にもなります。
公序良俗に反するような事やより効果があるように見せる過大広告などは当然禁止されています。
実はこういったマナー違反の多くは、アフィリエイトサービスを提供する人や広告主側で禁止事項として指定していることが少なくありません。

同時に、所得税などの税金の事についても知りましょう。
アフィリエイトで収益があると、一定以上の場合は所得税などの税金を納める必要があるのです。
知らない間に脱税していた、なんてことにならないように気をつけましょう。