• ホーム
  • サーチコンソールとは何?

サーチコンソールとは何?

サイト作成を行い、これから運用していくというタイミングで「サーチコンソール」というものを目にすることはないでしょうか。
実はこれはサイトを作成したら、できるだけ早く登録しておきたい物なのです。

正式名称は「Google Search Console」といいます。
グーグルサーチコンソールと読み、略称としてサーチコンソールやSCなどと呼ばれることもあるのです。
基本的にこのサーチコンソールはサイトの運営者や管理者が登録する事が多いでしょう。
これはサイトの所有者が誰で、どういうサイトで、どういうところからリンクを受けているか、などの情報を確認することができるツールです。
また、不審な動きをチェックしたり、否定したいリンクがあったらそれを否定するなどの機能も備えています。

このサーチコンソールがあることで、基本的にサイト運営は効率よく行うことができます。
ネット上のマーケティングを行ったり、SEO対策を行ったり、検索サイト上での様々な管理も簡単にできるでしょう。
また、サイトの存在そのものを登録するのですから、サイトへ検索サイトのクローラーがより行きやすくなります。
インデックスされる速度も速くなり、検索流入もより早く大きく期待できるでしょう。

また、サイトに関しての情報が多々あるので、サイトの改善にもつながります。
サイトのどのページが検索に引っかかったのか、どういうSEO施策が効果があったのか、どういうページでサイトからの離脱があったのか、などの情報も確認できるのです。
同時にサイトのペナルティがどういうものか、というような情報を確認し、中にはその結果がおかしい場合は抗議物できるのです。

このため、サイトの運営や流入を増やすための方法、SEO対策につながります。
また、サイトの情報を充実させるためのノウハウやヒントも見つけられますので、サイトの情報をより充実させたり、サイトのコンテンツを増やすことにもつながるでしょう。
サイトのコンテンツが増えるとクローラーも早く来るようになり、当然インデックス数も増えます。

Google Search Consoleは基本的に無料で使えます。
より良いサイトにするための工夫をしたいのなら、ぜひ登録しておきたいものです。
ただし、少々専門用語が多く、マーケティングの知識も必要なため学習には難しい側面もあります。
根気強くサイトの情報を集め、離脱せず継続して学習していき、サイト運営に反映させるようにしましょう。