• ホーム
  • 最近話題の中古ドメイン、新規ドメインとどっちがいい?

最近話題の中古ドメイン、新規ドメインとどっちがいい?

パソコンを使っている男性

最近、アフィリエイターの間で注目されているのが中古ドメインの存在です。
ドメインとは、サイトの住所やそれぞれを識別するための文字列のことを指します。
とはいえこのドメインはこれから新しい文字列で撮るだけではなく、中古の物もあるのです。
これを中古ドメインやオールドドメインともいわれ、実はSEO対策や外部対策になるのではないかと注目されています。

中古ドメインの特徴は、過去にどこかのサイトなどで使われたものだということです。
このため、そのサイトが過去に獲得した被リンクやトラフィックがそのまま期待できますし、当然被リンクなどの価値もあります。
当たり前ですが、その中古のサイトからの情報や集客も期待できるでしょう。
大きなメリットは3つあります。

まず、強いのは中古ドメインによる外部対策ということです。
中古ドメインは過去にサイトが運営されていたので、当然そのサイトの被リンクが活用されます。
被リンクを得るのが難しい新規ドメインより、比較的簡単にリンクが得られる・あるいはすでに得られていると考えられるのです。

次に良いのが正攻法手段の被リンク集めもしやすいとされています。
特に間違った手段で被リンクを集めてしまうと、検索結果に悪い影響を与えたり、ペナルティを受ける可能性も否定できません。
ですが、被リンク数が大きくなおかつ被リンクがしっかりあるオールドドメインであれば、こういったリスクが減るでしょう。
これは今後の外部対策にもつながります。

こういったことから検索順位上昇も期待できます。
検索順位は少しでも上の方がいいので、このようなメリットからトラフィックが向上されれば、自然とアフィリエイトの結果にも影響されます。

ただ、いい事ばかりではありません。
中古ドメインはSEOに有利といえるのは確かですが、
実は中古ドメインにはデメリットもあります。
また、サイトの質が低いとか、EATがよくないサイトの場合はいくらいい中古ドメインでもいいとは限りません。
場合によってはSEO対策につながらない場合もあります。

このため、サイトの質は大事です。
特にEAT(専門性・権威性・信頼性)が高ければ高いほど、自然と被リンクも増えリンクの質もよくなるとされます。
サイトの質が良いと、新規ドメインでも自然とリンクは増えていくでしょう。

同時に、中古ドメインそれそのものの質も大事なことになります。
デメリットもよく考えたうえで、しっかりドメインを選定して行いましょう。